インプラントと入れ歯の違いは?洗浄時はどうするの?


入れ歯やブリッジとの違いを知る

子供のころに歯がぐらぐらしてきたとき、自分で無理やり抜いた経験があるかもしれません。子供の歯は乳歯なので、抜いてもその後に永久歯が生えてきます。しかし大人の歯はほぼ永久歯ですから、抜けてしまったらそれ以降生えてきません。歯が抜けた状態だと不具合があるため、入れ歯やブリッジ、そしてインプラントなどの治療を行います。入れ歯は義歯を粘着剤などで固定する方法で、ブリッジは左右の歯に義歯をひっかける方法です。義歯がないよりは安定するものの、義歯と骨がつながっていないので噛みにくさがあるかもしれません。インプラントは骨と義歯を接続する治療です。そのため噛んだ時の感覚は自分の歯とほぼ同じで、快適な食生活が送れるようになります。

取り外して洗浄などをする必要がない

永久歯が抜けた後は義歯を使う必要があり、入れ歯やブリッジが一般的な義歯になるでしょう。これらは完全に体についているわけではないので、細かい部分に汚れがたまりやすいです。寝る時に外して洗浄するなどが必要になります。インプラントの場合は歯根部分に金具を埋め込み、その金具と義歯を接続します。隙間なく接続するため、汚れなどが入り込む余地は少なくなります。ケアの方法はその都度外したりせず、他の自分の歯と同様に歯磨きをするだけです。義歯部分は金具で接続されているので、歯科などで取り外してもらえます。自分の歯のクリーニングの時などに取り外してもらい、きれいに洗浄してもらうと良いかもしれません。

杉並区で行うインプラントは歯科のサイトで内容を確かめ、安心して受けやすい方法を探すと効率的に見つけられます。