歯並びが気になる?知っておきたい「大人の歯列矯正」基礎知識


大人の歯列矯正のすすめ

人の第一印象や健康を左右する歯並び。「矯正は小学生や中学生がするもの」というイメージでなかなか治療に踏み出せない方も多いようですが、実は近年、大人の歯列矯正をする方が増えています!今回は歯列矯正の基礎知識をご紹介します。

矯正治療、知っておきたい基本

歯列矯正は本来「装置により歯を移動させ、正しいかみ合わせを作るための治療」です。しかし大人のより良い社会生活には、正面の見た目、側面から見たEラインが関係します。大人の歯列矯正ではこのような、審美的要素を重視して治療を開始する方が多いようです。矯正治療は主に、矯正専門歯科で行います。矯正の認定資格を持つ歯科医師が担当するほか、歯科衛生士などのスタッフも知識や経験が豊富なため、安定した治療を受けられることがメリットです。また一般の歯科医院で矯正治療を行う場合もあるようです。

歯列矯正の種類と費用は?

矯正治療は主にワイヤー矯正、裏側矯正、マウスピース矯正の3種類です。「ワイヤー矯正」は全顎50~80万円程度と最も安く治療できます。ワイヤーといえば金属を思い浮かべますが、セラミックやセルフライゲーションブラケットであればそれほど目立ちません。最近ではあえてカラフルで目立つ矯正器具を選べる歯科医院もあります。「裏側矯正」はブラケットを裏側につけるため周囲から気づかれにくく、接客業などの方にも人気です。費用は約100~120万円です。「マウスピース矯正」はオーダーメイドの透明な装置を装着する治療で、費用は約80~120万円です。話題のインビザラインはこの1種で、目立たずストレスも少ない先端的治療です。大人の矯正治療は1年半~3年程度かかります。期間や費用を考慮し自分に合った歯科医院を探しましょう。

三鷹の矯正歯科は小さい子供の時に矯正をすることで、健康な歯を抜かずに歯並びを美しく仕上げることが可能です。