気になるニキビ跡!残さず綺麗な肌を取り戻すには?


そもそもニキビはなぜできる?

ニキビができ綺麗に治らないと残ってしまうニキビ跡、気になってしまいますよね。そもそもニキビはどうしてできるのでしょうか?毛穴に皮脂がつまると毛穴の中でアクネ菌が増殖し炎症を起こしてしまいます。これがニキビができる原因だと言われているようです。更に精神的なストレスや不規則な食生活、睡眠不足でホルモンバランスが乱れてしまうこともニキビができる原因のようです。ニキビをできにくくするにはメイクをした時や汗をかいた時にはしっかりと洗顔をして余分な脂を洗い流すことがよさそうです。また規則正しい生活を送りストレスをためすぎないようにすることも綺麗な肌を保つための秘訣であると言えるでしょう。

できてしまったニキビ跡のケアの仕方って?

ニキビ対策をしていなくてニキビ跡ができてしまった、という方もいますよね。ではできてしまったニキビ跡をケアするにはどのような方法があるのでしょうか?肌のトラブルを改善する一番いい方法は古い肌を脱ぎ捨て新しい肌に生まれ変わらせることだと思われます。肌を生まれ変わらせるには肌のターンオーバーのリズムを正常にすることのようです。肌は約28日で生まれ変わると言われていてこのターンオーバーという周期によって肌細胞は新しいものと古いものが入れ替わるようになっています。そのためニキビ跡で残ってしまってもターンオーバーの周期が正常であれば、徐々に剥がれていき新しい肌に生まれ変わっていくと考えられます。ターンオーバーは不規則な生活やストレスがたまるとリズムが崩れて機能しなくなってしまうようです。ニキビ跡を綺麗に消すには規則正しい生活を送りターンオーバーを正常に機能させることが美肌になる方法であると言えそうですね。

ニキビは医学用語では尋常性ざ瘡と言う名前で、思春期に発症しやすい皮膚の病気です。ホルモンのバランスが変化しやすい思春期に男性ホルモンが影響し、皮膚の炎症や発疹を作ります。