毎日の歯のケアで自分の歯を長く持たせましょう


8020運動に入れることを目指して

今の人達は、食べる機会が多いためか虫歯の人が多いようです。そこで、8020運動とは、80歳で20本自分の歯を残すという運動です。歯は一度虫歯になれば、放っておいて良くなるものではありません。放置すればだんだんひどくなり、虫歯も最後は歯科で抜かなければならなくなります。さて、貴重な自分の歯を長く持たせるためには、いくつか方法があります。まず、歯磨きです。歯磨き粉を使わないで歯磨きをしてみて下さい。歯磨き粉を使えば何となく歯を磨いた気分になるだけです。それよりも歯磨き粉を使わないで、歯と歯の間の汚れを落とすようにします。歯はたくさんありますから、一本一本丁寧にやっていくようにして下さい。次に歯間ブラシを使うと良いでしょう。これは歯ブラシだけでは取れなかった歯と歯の間の汚れをとってくれるのに役立ちます。歯を残すことは毎日の努力の積み重ねです。

正しく歯を磨きましょう

歯科医が言うには多くの方の歯磨きは歯磨き粉を使って何となく歯を磨いている感じとのことです。歯磨き粉を使うと歯を磨いたように感じさせます。実際には正しく磨いた方が歯磨きの価値はあります。では、正しい歯磨きのやり方とは、歯の一か所を20回以上、歯並びに合わせて歯磨きすることです。また、歯磨きの時は歯垢をしっかりと取り除くことが大切です。歯垢は生きた細菌のかたまりですので、虫歯、歯周病の原因になります。そして歯磨きで案外大切なことは、食べたら歯磨きの習慣を身に付けることです。食べた後、最近と歯垢を取り除くことが大切です。

根管治療とは、歯の根の中にある神経や血管(まとめて歯髄と呼ばれます)を取り除き、詰め物をする治療法です。治療の際、麻酔をしなくても痛みはそれほど感じないようです。